「ちょっと待っとくれよ。お茶ぐらいのましとくれっての!」